2010年08月03日

【社会】日本は化学4位、好成績…中国は3科目でトップ - 国際科学五輪の国別順位

1◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2010/08/03(火) 07:35:17 ID:???0

主に高校生が参加する国際科学オリンピックのうち、主要4科目の今年の国・地域別順位が
3日までにまとまった。日本は、7月下旬に国内が初めて会場となった化学が4位で、同科目での
過去最高成績。数学は7位、生物学は10位、物理は23位だった。
しかし、アジア諸国では中国が数学、物理、化学でトップと圧勝。韓国も化学で3位、
数学と生物学で4位と強かった。

日本は2007年3月に文部科学省が科学技術振興機構を通じて「日本科学オリンピック推進委員会」
を発足させ、国内予選の参加者拡大や代表選手の強化合宿などに取り組んでいる。
江崎玲於奈会長(ノーベル物理学賞受賞者)は昨年3月、08年の成績について
「日本は(トップ10に)一つも入っていない。われわれは反省しないといけない」と述べていたが、
昨年は数学が同科目過去最高の2位、生物学が6位で、2年続けて好成績を収めた。
化学で2年連続金メダル(金は成績上位1割以内に授与)を受賞した神奈川県の栄光学園高3年
遠藤健一さんら4人の日本代表は7月28日、中川正春文部科学副大臣を表敬訪問。この際、
海外では代表に大学入試免除などの優遇措置があることが話題に上り、中川副大臣は今後の
検討課題だと話した。化学五輪の場合、筆記試験や実験は大学院の入試レベルだ。

ただ、代表を指導した大学教授の1人は「日本は、化学が本当に好きで研究者を目指す生徒が
多いことがうれしい。国家的な強化策を取るアジアの強豪国は必ずしも優秀な科学者の育成に
つながっておらず、目の前にニンジンをぶら下げるような方法が良いかどうか」と話している

*+*+ jiji.com 2010/08/03[07:35:17] +*+*
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010080300049


科学技術は日本を救うのか (DIS+COVERサイエンス)

科学技術は日本を救うのか (DIS+COVERサイエンス)

  • 作者: 北澤 宏一
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2010/04/15
  • メディア: 新書

>>続きを読む
posted by せんする at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ニュースまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

【宇宙】「周期的な大量絶滅の原因、死の星ネメシス」説を検証【恐竜絶滅】

1透明な湖φ ★:2010/07/16(金) 02:59:22 ???

 恐竜たちを絶滅させたような大量絶滅は、きっかり2700万年ごとに地球を襲っている――最新の化石分析によっ
て、このような結論が導き出された。しかし、プレプリント・サーバー[学術雑誌に掲載される前の論文の公開に使用
されるサーバー]の『arXiv』に発表された論文は、恐竜絶滅の原因として議論されている1つの仮説を否定している。
その仮説とは、太陽には未発見な伴星『ネメシス』があり、これが地球に定期的に大量の彗星を衝突させて生物を
死滅させてきたというものだ。

 「死の星」ネメシス[「ネメシスは元々ギリシア神話で「神の怒り」を表す女神]の存在が初めて示唆されたのは1984
年のことだ。古生物学者のDavid Raup(デビッド・ラウプ)氏とJack Sepkoski(ジャック・セプコスキー)氏が、海洋生物
の化石記録から、生物絶滅が驚くほど定期的に繰り返されていることを発見したことから、これを説明する仮説とし
て提唱された。

 少し前の1980年には、恐竜は[隕石衝突による]壊滅的な打撃を受けて絶滅したとする説が唱えられていたことか
ら、目に見えない宇宙の狙撃手が、内太陽系に向かって彗星を撃ち込んでくるというのは、あり得る話に思われた。

 周期的な大量絶滅を説明するために、2つの独立した天文学者のグループがそれぞれ提出した仮説によると、太
陽から1〜2光年離れたところに暗い褐色矮星または赤色矮星があり、その星(ネメシス)が2600万年から2700万年
ごとにオールトの雲[太陽系を球殻状に取り巻いていると考えられる仮想的な天体群]を乱して莫大な氷や岩石を発
生させて、地球に衝突の被害をもたらしている可能性があるという。

 この場合、ネメシスの軌道は、他の恒星や天の川銀河との相互作用によって変化するため、1回の衝突から次の
衝突までの間隔は、15〜30%ほど変動するはずだとされた。

 しかし今回、論文を発表したカンザス大学のAdrian Melott氏と、ワシントンDCにある国立自然史博物館のRichard
Bambach氏は、大量絶滅はネメシスが原因ではないと主張している。大量絶滅は、ほぼ正確に2700万年ごとに発生
しており、その信頼区間は99%だという。

>>2に続く

ソース:WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/201007/2010071523.html


2透明な湖φ ★:2010/07/16(金) 03:00:05 ???

>>1の続き

 Melott氏とBambach氏は、5億年前までさかのぼる2つの膨大なデータセットを比較した。5億年というのは、1984年
の研究に用いられたデータの2倍の長さに当たる。

 データセットの1つは『セプコスキー・データベース』(Sepkoski database)といい、元の研究の続きに当たる。もう1つの
『古生化学データベース』(Paleobiology Database)は、2000〜2008年にまとめられたものだ。どちらのデータセットも、
1984年以降に発見、分類された多数の化石のデータを含んでいる。

 研究チームは、2つのデータセットに共通するパターンを数学的に分析し、その結果、いずれも2700万年ごとに生物
が大量に死滅しているパターンを示していることを突き止めた。軌道が不安定な天体が引き起こしたにしては、あまり
に定期的すぎる間隔だという。

 ただし、カリフォルニア大学バークレー校のRichard A. Muller氏は、今回の研究について「あまりに性急に結論を出
している」と述べている。Muller氏は、未発見の伴星の存在を示唆する1984年の研究論文を執筆した1人で、ネメシス
に関する著書『Nemesis: The Death Star』[邦訳『恐竜はネメシスを見たか』手塚治虫訳、集英社、1987年]でも知られ
ている。

 地質学的な記録からは、大量絶滅の時期について、おおよその手がかりしか得られない。しかし、ネメシスの存在を
確かめる方法は存在する。[高感度の]望遠鏡を用いた天文調査プロジェクトが複数進行中だからだ。「それらが、ネメ
シスの存在をテストする最良の方法だ」とMuller氏は述べる。

 それらのプロジェクトの中には、[2009年12月に打ち上げられた]米航空宇宙局(NASA)の広域赤外線探査衛星『WISE』
や、[チリに建設が予定されている]大型シノプティック・サーベイ望遠鏡『LSST』、[2012年までに建設完了される4台の
望遠鏡プロジェクト]『Pan-STARRS』などが含まれる。これらは高感度で全天を観測するため、もしネメシスが存在すれ
ば見つかるはずだ。


トンデモ本の世界 W

トンデモ本の世界 W

  • 作者: と学会
  • 出版社/メーカー: 楽工社
  • 発売日: 2009/10
  • メディア: 単行本

>>続きを読む
posted by せんする at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ニュースまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

【宇宙】日本の小惑星探査機「はやぶさ」、止まらぬ人気 「故郷」の宇宙航空研究開発機構相模原キャンパスへのツアー大盛況

1春デブリφ ★:2010/07/10(土) 17:50:00 ???0

★「はやぶさ」止まらぬ人気、「故郷」ツアー大盛況

 小惑星探査機「はやぶさ」が60億キロ・メートルの旅を終えて帰還してから、もう
すぐ1か月。
 人気は根強く、はやぶさを造った宇宙航空研究開発機構相模原キャンパス(神奈川県
相模原市)には、研究施設としては異例のバスツアーが県外からも訪れるなど、ファン
の見学が引きも切らない。

 見学客は、昨年6月は1134人だったが、先月は7894人に跳ね上がった。特に
日曜日は、1000人近くが殺到。大阪や長野など遠方からもファンが訪れ、はやぶさ
の実物大模型と記念撮影したり、オーストラリアに落下した時の映像や小惑星イトカワ
の模型に見入ったりしている。平日も、旅行会社のバスツアーが訪れる盛況ぶり。夏休
み中はすでにほぼ毎日、団体客の予約が入っている。
 神奈川県座間市の西森美海さん(10)は「人間ができないことに成功した、すごい
探査機。イトカワの石を見てみたい」と話していた。

 隣接する相模原市立博物館で上映中のプラネタリウム用映画「ハヤブサ・バック・ト
ゥ・ジ・アース」も、大盛況。
 60億キロ・メートルの旅路をコンピューターグラフィックス(CG)で描いた作品
で、休日は開演の1時間以上も前に全210席が満席になる。家族連れから高齢者まで
客層は幅広く、はやぶさが満身創痍(そうい)で地球を目指す姿に涙ぐむ人も多い。「天
文に興味がなかった人や、リピーターも多い」(同館の上原徹也指導主事)という。

 この映画は、北海道や大阪など14か所で上映中。各地で再上映や上映延長が重ねら
れ、配給元のリブラ社には海外からも上映希望が数件舞い込んでいる。同社の田部一志
代表取締役は「プラネタリウム番組としては異例の人気」と驚く。

■ソース(読売新聞)(2010年7月10日14時11分
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100710-OYT1T00524.htm



>>続きを読む
posted by せんする at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ニュースまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。